IT系女子ログ

Webデザイナーのエッセイ。デザイン、コーディングで気になることをあれこれ考える。

iPhoneのプライバシー系の設定を見直してみた

今やiPhoneスマホでなんでも出来ますよね。 電話、メール、綺麗な写真やムービーを撮ったり、FacebookTwitterなどのsnsはもちろん、ショッピングまで出来ます。なんでも出来る故に、裏を返せばなんでも情報を入力しているということ。
電話番号、メールアドレス、住所、位置情報、クレジットカードの番号まで…。

そんな大切な個人情報のかたまりがもし紛失、盗難の被害に遭ったら……考えるだけで恐ろしいですよね。

「よく知らないサービスは使わないし、保険にも入っているし、いつも万全の注意を払っているから私は大丈夫」と、普段から気をつけている方もいらっしゃるかと思います。
しかし!初期設定のままで色んなアプリやサービスを利用していませんか?紛失や盗難にあっていないのに、自分の手元で普通に使っているだけなのに、設定次第で知らないうちに個人情報、プライバシーが漏れてしまうこともあり得るのです。

f:id:tosssaurus:20150212003131p:plain

そこで、私がiPhone5sに機種変した際に行ったプライバシー系の設定や参考サイトをご紹介します。パスコードなど、当たり前のものから細かいものまで一通り書きました。
「教えてもらっていないから」で被害にあってしまう前に、少しでも安全に使えるようまずはどんなリスクがあるか知っておくことが大切だと思います。
大切な情報を使用するからには自身でしっかり対策したいですね。

f:id:tosssaurus:20150212003148p:plain

目次

はじめに

以下ご紹介する設定は、iPhone5siOS 8.1.3の設定です。OSのバージョンや機種により異なることはご了承ください。
プライバシー漏洩の指南ではなく、あくまでも私の設定の備忘録ですので、より良い方法やヌケ、モレなどあると思います。 「こんな設定してる人もいるんだ」くらいの気持ちで読んでいただけましたら幸いです。

次項からは、iPhoneの"設定"アプリを開いた際の項目です。

f:id:tosssaurus:20150212003930p:plain

通知

  • 通知の必要ないものは非表示に
  • ロック画面に表示するしたくないものをオフに

f:id:tosssaurus:20150212000027g:plain
→ロック画面に表示がオンになっていたり、通知スタイルがバナーやダイアログになっていると、受信時にメッセージが画面表示されるので、見られたくないメッセージが見られてしまった…なんて事故が起こるかも。

コントロールセンター

  • ロック画面でのアクセスをオフに

f:id:tosssaurus:20150212000815g:plain
→ロック画面でのアクセスをオンにしていると、パスコードを入力せずにロック解除出来てしまう。

一般

Touch IDとパスコード

  • Touch IDは設定しない
  • パスコードをオンに
  • パスコードの要求をなるべく短い時間に
  • ロック中にアクセスを許可 を全てオフに

f:id:tosssaurus:20150212001055g:plain

プライバシー

位置情報サービス

  • 自分の位置情報を共有をオフに
  • 位置情報が不要なアプリはオフに ※特に写真は基本はオフに、使用時のみオンにするのを推奨。

連絡先

  • 連絡先が不要なアプリはオフに

以下各アプリ

  • 各アプリと連携が不要なものは全てオフに

iCloud

  • 位置情報の共有をオフに

電話

SIM PIN

  • オンに
  • PINの変更で任意のパスワードに変更

不正利用で高額請求は怖い!iPhoneのSIMにパスワードを設定する方法 | iPhoneひとすじ! かみあぷ速報

Safari

パスワードと自動入力

  • 連絡先の情報を使用をオフに
  • ユーザー名とパスワードをオフに
  • 保存されたパスワードがあれば削除
  • クレジットカードをオフに
  • 保存されたクレジットカードがあれば削除

ポップアップブロックをオンに

Cookieをブロック

  • アクセス中のWebサイトのみ許可

詐欺Webサイトの警告

その他各項目

  • 不要な連携アプリはオフに

参考サイト

[http://スマホの使い方.com/page-002[03].html:title]

本当は怖いiPhoneの設定 - iPhone Links / iPhoneアプリ 本 動画 ケース 壁紙

[iphone]スマホ・アプリからの個人情報流出しないための対策とは? - NAVER まとめ

位置情報オフでも自宅ダダ漏れのワケ:日経ビジネスオンライン

一番怖いのは、デバイス機器がとても身近になり、snsが生活浸透していますが、リテラシーの知識がないまま、なんとなく使ってしまっているところだと思います。気づかないうちにクレジットの被害にあっていた…なんて犯罪に巻き込まれないよう、プライバシーの勉強はこれからもしていきたいです。