IT系女子ログ

Webデザイナー目線のあれこれ話。デザインもコーディングも勉強中。

IBMの人工知能を持った恐竜のおもちゃ

ジュラシック・ワールドの公開まで、半年を切りましたね。
予告編を見るだけでわくわくしますが、同じようにわくわくした恐竜のニュースがあったのでご紹介します。

f:id:tosssaurus:20150303022307p:plain

by CogniToys — Kickstarter

なんと、人工知能Wi-Fiでアクセスした恐竜のおもちゃ"CogniToys"が、こどもと会話できるようになるんですって。
親がこどもの年齢、性別、好きな色等をあらかじめ登録しておき、それを元にこどもと会話するみたいですが、こどもとの会話を通し、こどもの成長に合わせて語彙を増やしていく等、この恐竜自身も成長していくとのこと!

ジョークにジョークで返したり、質問したり、科学的な答えに即答したり、良い友達になってくれそうなヤツです。


Elemental Path presents CogniToys - KickStarter ...

このおしゃべりする恐竜、CogniToysで使われている人工知能Watsonですが、2人のクイズ王とクイズ対決していましたね。舞台はニューヨーク。


Watson and the Jeopardy! Challenge - YouTube

Watsonが、人間に勝利し、優勝していました。
なんと、200万ページ分の文章を3秒以内にスキャンして、自身の「脳」に取り込めるのだそうです。記憶に関しては到底、敵いませんね。

おしゃべりする恐竜CogniToysは、量産化に向けた出資を募っています。
CogniToys: Internet-connected Smart Toys that Learn and Grow by Elemental Path — Kickstarter
このCogniToysプロジェクトでは、99ドル(約1万2000円)の出資で緑色のCogniToysが1体ゲット出来ます。言語は英語ですが、英語の勉強に良さそうですね。CogniToysプロジェクトへの支援の期限は、2015年3月18日午後9時27分まで

私は、トレンチコートを買おうと思っていた1万4000円をプロジェクトの支援の為に使って頂くことにしました。CogniToysが渋い声の恐竜だったのが、心が動いた要素です。犬型やクマ型なら出資していないかも。

嬉しいことに2月に、IBMがソフトバンクテレコムと戦略的提携を発表して、人工知能Watsonの日本語対応が進められているとのこと。現在開発中とのことです。 
Pepperのように日本語版CogniToysも世に出る日は近いのではないでしょうか。
詳しくはWIERDの記事をどうぞ。

IBMの人工知能搭載おもちゃ、子どもとおしゃべりできる恐竜(動画あり) « WIRED.

参考にどうぞ


IBM Watson (ワトソン) - Japan



ITpro Report - [脳に挑む人工知能5]Watsonテクノロジーの全貌、IBMはなぜAIと呼ばないのか:ITpro

IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる

IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる

  • 作者: スティーヴン・ベイカー,金山博・武田浩一(日本IBM東京基礎研究所),土屋 政雄
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/08/25
  • メディア: 単行本
 


人工知能が切り札? IBM、スピード感欠く経営 :日本経済新聞

 

製品情報 | ロボット | ソフトバンク

 

映画『ジュラシック・ワールド』公式サイト THE PARK IS OPEN 2015.8.7