IT系女子ログ

Webデザイナー目線のあれこれ話。デザインもコーディングも勉強中。

東京シティフォントから学ぶ、フォントの扱い方

f:id:tosssaurus:20150908231949j:plain

絶対フォント感、まだまだ身に付きそうにないですが、フォントの話題は気になります。

Type Projectが先日公開した都市フォント、東京シティフォントは逸品でしたね。

Type Project | 都市フォントプロジェクト 東京

 

以前に発表された名古屋の金シャチフォントもすごかったのですが、東京シティフォントは解説も沢山あり、読んで納得、さらにフォントの勉強にもなりました。

東京シティフォントは街区表示板に使用するためのフォントなので、"分かりやすさ"重視なのですが、美しさももちろんあります。

小さい文字は画線が細く見えて視認性が悪くなることを考慮して、小さく扱う文字は15%ほど線を太くデザインしているとのこと。

f:id:tosssaurus:20150908231039j:plain

by 都市フォントプロジェクト 東京

そういわれてみれば、確かに。
小さいことかもしれませんが、気にしていないだけでまだまだデザインの技術はあるんだな、と再確認しました。

他にも、世界の都市フォント事例や、都市と文字の関係など、興味深い記事が沢山あります。

cityfont.com — voice of a city.

シンプルなデザインな分、フォントに関連する文章に集中でき、フォントに対する圧倒的なこだわりが感じられるサイトでした。

今後の都市フォントの展開も楽しみです。