IT系女子ログ

Webデザイナー目線のあれこれ話。デザインもコーディングも勉強中。

実務経験3年すぎた現役Webデザイナーのリアル【デザインスキル編】

f:id:tosssaurus:20170624031428j:plain

よく転職の話題になる、"実務経験3年"のフレーズ。

転職活動をしていた頃は「ホントのところ実務経験3年たったらどれくらいできるのよ」ってことが知りたかったのですが、当時は検索しても詳しくわかりませんでした。

 

そんな私も、Webデザイナーとしてまる3年勤めることができました。せっかくなので実際にどのくらいできるようになるものか、具体的にまとめようと思います。

1つの事例だし主観的なお話ですが、現役Webデザイナーのリアルなスキルなので、どなたかの参考になれれば嬉しいです。

 

できるようになったこと

デザイン対象の情報を調べられるようになった

デザイン依頼を受けた企業や分野のことをできるだけ調べるようになりました。

デザインに直結するスキルではないように思われるかもしれませんが、私にとっては制作の仕上がりに大きく影響する大切なスキルです。

 

今まで制作してきた中で、よく知らずに進めたものは曖昧でふわっとしたデザインになってしまいがちでした。「悪くはないけど、なんかしっくりこない」という、つかみどころのない抽象的なデザインになるんです。

わからないことは言葉で説明できないように、デザインとしても形にできないな、と経験から学びました。

 

ディレクターさんからのヒアリングの時につっこんで質問してみたり、自分なりに調べるように意識してから、的を得たデザインを出せるようになってきたな、と手応えを感じています。

なかなか思うように調べられない時もありますが、普段の生活では触れることのない知識をつけることができたりして面白いです。

 

アクセシビリティを意識してデザインを検討できるようになった

勉強会でアクセシビリティのことを詳しく知り、デザインに関わる大切な分野だなぁと思っています。

デザインでは色のコントラストや、色分けだけでなく形状でわかるようになど、気をつけるようにしています。いろんな方に見ていただける媒体だからこそ、いろんな方が見やすいよう配慮できるようになりたいです。

知らず知らずのうちに、誰かにとって見えづらいデザインにしてしまっては、まだまだプロとは言えないのかなぁと考えています。

 

実装可能なデザインができるようになった

コーディングもさせていただいているのがすごく大きくて、デザインの段階からざっくりコードも頭に浮かびます。

どういう動きにしようとか、要素がないときとか長くなったときとかの調整をどうしようとか、考えつつデザインできるようになりました。

最近LIGさんがとても勉強になるガイドラインを公開されていました。

【完全保存版】シートで簡単チェック!デザイナーが見落としがちなUIデザイン12の想定漏れ | それいけ!フロントエンド

普段検討しきれていないことも細かく書かれていたので、今後に役立てたいです。

 

基本的なデザイン四原則を意識してデザインできるようになった

本当に基本的なことなのですが、ノンデザイナーズ・ブックに書いてあることは、実践できるようになりました。

全然思うようにデザインができなかった新入社員のときに何度も何度も読んで、心のよりどころにしていました。

今も思うようにデザインできていないのですが、デザイン四原則がスタートラインだと思うので、ご存じない方は是非ご一読をオススメします。

デザイナーでない方にも本当にオススメです。

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

 

 

レイアウトや書体、色の効果を意識してデザインできる

どれもデザインとは切っても切り話せない、御三家とも言える要素たちですが、デザインにどう影響するかを考慮できるようになりました。

とはいえ、まだまだ知らないことがあります。

最近感じるのは、レイアウトだけ素晴らしく使いこなせていても、その他の要素でバランスがとれていないと、総合的にはバランスのとれていないデザインになってしまうなぁということです。

なので、3つ同時に極めていくのが私にとっての理想のスキルアップです。

 

バナーデザインのクオリティチェックができるようになった

バランスをみたり、魅せ方の優先順位や見やすさ、目的にかなっているかのチェックをまかせていただけるようになりました。

OKを出すとそのまま世に出てしまうので、とても責任を感じるのですが、まかせていただけることが増えて嬉しいです。

 

私自身が勉強中なこともあり、指導まではできないのですが、より良くするために話し合うことはできます。

とはいえ、どうしてもチェックする側とされる側では、チェックする側からの一方通行になりがちです。

疑問に感じたことがあれば「こういう印象に私は見えたけど、どう思う?」などと、なるべく客観的に、建設的に話せるように気をつけています。

 

自分の言葉でデザインの説明ができるようになった

口ベタなので、と言い訳にならないのですが、説明することが苦手でした。うまく伝えようとしすぎて、なかなか言葉にできなかったです。

今では、伝わるようにいろんな言葉で説明するようになりました。

話してみて、うまく伝わっていないようであれば違う言い方で説明してみたり、とにかく自分から伝えようとする気持ちがあればOKだと思います。

 

また、よく調べるようになってから言葉もよく出てくるようになりました。
自分でよくわかっていないことは、うまく人に伝えられないなぁと思います。

 

小規模案件のデザインのディレクションができるようになった

30ページほどのWebサイトは、なんとかデザインのディレクションできるようになったと思います。トンマナを統一したり、遷移の仕方や機能が欠落していないかなど、チェックできるようになったと思います。

 

制作を進めるうちに整合性がとれなくなってしまうことは、どうしても起こってしまうことです。崩れてきたデザインを調整することは、地道な作業なのでかなり骨の折れる事だと思います。

それと同時に、全体のクオリティに関わってくるとても大切な仕事です。
やり遂げるには、厳しい目と愛情が必要だと思います。

 

どんな案件でも、きっちりクオリティを守れるよう意識していきたいし、個人だけでなくチームでも実行していきたいです。

 

できるようになりたいこと

  • ページデザインを1人で完成できるようになりたい
  • 制作スピードを2倍速くらいにしたい
  • デザインを的確に、相手の腑に落ちるようにプレゼンできるようになりたい
  • デザインの検討をより柔軟にできるようになりたい
  • クライアントの課題を解決できる最適なデザインを提案、制作できるようになりたい
  • 軽やかなデザインができるようになりたい

 

軽やかでふところの深いデザイナーになるのが、私の大きな目標です。

とても目標にしたいデザイナーさんに出会いまして、その方がつくるデザインはどれも、なんだか感情があるようなデザインなんです。
優しくて考えの柔軟な方で、さらに芯のあるお考えもお持ちで、そして楽しそうにデザインのお話をされて、こちらも楽しさのお裾分けをしていただけるような、ふところの深さを感じます。

その方のようなデザイナーになれるよう頑張っていきたいです。

 

実務経験3年のリアルなデザインスキルまとめ

まだまだプロの道は遠い

色々書き出してますが端的に言うと、ページデザインは1人で完成させられないです。提出までに必ず上司にチェックしていただいています。

そして、チェックの後はかなりたくさんご指摘をいただいてしまいます。

3年経験したのですがスキルはまだまだ1人前じゃないですし、上司のチェックなしでは、お金をいただくのは不安なレベルです。お恥ずかしいです。

 

普通はデザイナーすらできていないレベルですが、上司のおかげで1人では到達できないクオリティにまで上げていただけるので、本当に恵まれているなぁと思います。

早く自信を持ってデザイナーと言えるようになりたいです。

 

自信のあること

自信のないなか、私の強みと言えるのは"実装可能なデザインができる"ことだと思いました。コーディングもするので、アニメーションなどの実装を含めたデザインを考えられるようになりました。

その分、実装経験のないものは検証してみるまでデザインに落とせないので、デザインの自由度を狭めてしまっているかもしれません。

 

ある方が「Webデザインは、グラフィックデザインとプロダクトデザインの間のデザイン分野です」とおっしゃっていました。

Webは、グラフィックの視覚的な要素とプロダクトの機能的な要素のどちらも含まれている、ということです。どちらも必要な知識や技術なので、Webデザイナーはとても勉強のしがいがある分野だなぁと思います。

また、グラフィックデザイナーが紙の質感やインクの特性、製本のバリエーションに詳しいように、Webデザイナーならインターネットのしくみやブラウザでの表示の違いなど全般的に詳しくなりたいです。

 

願望ばかりになってしまいましたが、リアルな実務経験のデザインスキル編でした。

 

紙のデザインはほとんど経験がないです

ちなみに、名刺やパンフレットのような紙もののデザインはほとんど経験がないです。Illustrator自体、ほぼ使わないです。

機会は1年に1度あるかないかで、制作するときはいつも手探りです。

Web以外の制作にまったく自信がないのもコンプレックスなので、時間をとってデザイン全般の勉強もしていきます。

 

主な使用ツール

  • Fireworks(1年前まで社内のメインツール)
  • Photoshop(1年前から社内のメインツールに移行)
  • Illustrator(データ受け渡し時など部分的に使用)

 

その他
  • Sketch(社内がWindowsなので使用したことがないです)
  • XD(少し触ってみたことある程度)

 

 

1年目、2年目もまとめています

新人Webデザイナーの私が、1年目で指摘されたことを振り返る [デザイン編] - IT系女子ログ

Webデザイナー2年目を、まるっと棚卸し[デザイン編] - IT系女子ログ